アニメーション制作における彩色プロセスをAIで自動化する技術開発

2018年12月3日 22:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 あるAnonymous Coward曰く、

 イマジカヤOLM、奈良先端科学技術大学院大学の研究グループが、アニメーション制作における彩色プロセスをAIで自動化する技術を共同開発したと発表した(アニメーションビジネス・ジャーナル英語リリースSlashdot)。

 昨今ではAIを用いて絵を自動彩色する技術が複数開発されているが、今回の技術は「日本アニメの制作」に特化しているのが特徴だという。まだ研究段階だが、2020年を目標に実用化を目指すという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 人工知能

 関連ストーリー:
大日本印刷、人工知能技術を使った漫画のデジタル着色サービスを商用化へ 2018年07月11日
AIによるモノクロ写真の自動着色がGoogleフォトにも登場予定 2018年05月11日
美少女キャラクターを人工知能が自動生成してくれる「MakeGirls.moe」 2017年08月17日
テレビアニメ「サザエさん」、「セル画」制作を廃止し完全デジタル制作に 2013年10月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース