AIで最適なインフルエンサーを選定できるマーケティングツール AIQが提供

2018年12月3日 16:31

小

中

大

印刷

インフルエンサー分析データ。(画像: AIQの発表資料より)

インフルエンサー分析データ。(画像: AIQの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 AIQ(東京都千代田区)は11月30日、インフルエンサーマーケティングにAIを活用することで、より最適なインフルエンサーを絞り込んで選定・提案を行えるサービス「インフルエンサーアナリティクス」の提供を開始した。これは同社のプロファイリングAIを用いてインフルエンサーのInstagramアカウントを分析し、その趣味嗜好などのデータを可視化することで、導入企業がリーチしたいターゲットとの親和性を判断するものだ。

【こちらも】インフルエンサー活用、インバウンド広報で「効果あり」 自治体等で

 インフルエンサーアナリティクスでは、インフルエンサーのInstagramアカウントから趣味嗜好や投稿内容、フォロワー数や属性、エンゲージメント率をAIで分析して、その属性を把握する。これにより、インフルエンサーを導入してプロモーションを行う企業は、起用するインフルエンサーが、リーチしたいターゲットファンと合致しているかの判断が可能となり、より最適な選定ができるという。

 YouTuberやブロガーなど、インフルエンサーの影響力を活用して、自社の製品やサービスなどの広告宣伝を行う「インフルエンサーマーケティング」を導入する企業が増えており、中でもInstagramを活用するケースが増えている。しかし、インフルエンサーの過去の投稿や膨大な数のフォロワーの属性を、人間のみで確認・判断することは難しく、シンプルな指標であるフォロワー数が選定の指標になりやすかった。それによって、導入企業がリーチしたいターゲットファンに十分に合致しないインフルエンサーが起用されることもあった。

 インフルエンサーアナリティクスでは、このようなミスマッチを防ぐために独自のプロファイリングAIを活用。これによって、フォロワー数以外の様々な情報をAIによって分析することで、インフルエンサーと導入企業との親和性をより正確に判断できる。また、分析に必要になるのはインフルエンサーのInstagramアカウントのみであるため、手軽に分析を行うことも可能だ。

関連キーワードインバウンドInstagram人工知能(AI)

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース