ルノー、メガーヌワゴン発売1周年を記念 30台だけの限定車“アニヴェルセル”発売

2018年12月3日 08:57

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

新デザイン18インチアロイホイールなどを装備した限定車「ルノー・メガーヌ・スポーツ・ツアラー・アニヴェルセル」、価格312.9万円

新デザイン18インチアロイホイールなどを装備した限定車「ルノー・メガーヌ・スポーツ・ツアラー・アニヴェルセル」、価格312.9万円[写真拡大]

写真の拡大

 4代目となる新型ルノー・メガーヌは、これまでにない走りの楽しさと、先進の安全性を兼ね備えたCセグメントのモデルだ。2015年9月のフランクフルト・モーターショーで5ドアハッチバックを正式発表。翌2016年3月のジュネーブ・モーターショーでステーションワゴン版である「スポーツ・ツアラー」を発表した。プラットフォームは日産と共同で開発したCMF-CDで、全長×全幅×全高4635×1815×1460mm。

【こちらも】ルノー、新型「メガーヌ」発表 第4世代となるCセグメントの量販車種

 ルノー・ジャポンは、そのルノー・メガーヌのステーションワゴンであるスポーツ・ツアラーの日本での発売1周年を記念し、ルノー・メガーヌ・スポーツ・ツアラー・アニヴェルセルを、11月29日から全国のルノー正規販売店を通じて30台限定で販売する。

 標準モデルとの大きな違いは、1.6リッターNAエンジンに換えて、132psを発生する1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載し、ベロア生地とレザー調素材のコンフォートシート、ナパレザーステアリング、新デザイン18インチアロイホイールなどを装備した、エクステリア、インテリアともに上質感を高めたモデルだということ。

 エクステリアのクロームモールやガーニッシュ、インテリアのシルバーのトリムなどが、ダイナミックなデザインに上質感を加えている。

 ルノー・メガーヌ・スポーツ・ツアラー・アニヴェルセルは、5種類の走行モードを備え(GTグレードは4種類)、エコモードを選択した際には、アクセルを踏んでいない時にエンジンブレーキの利きを抑制し、走行距離を伸ばすことで燃料消費を抑える「フリーホイール」機能が搭載された。

 先進の安全装備は、ルノー・メガーヌ GT同様、12個のセンサーとふたつのカメラ、ミリ波レーダーで車両の周囲360度の情報を解析し、各種運転支援機能を作動させる。

 限定車に新設定したボディカラーは、ブルーベルリンメタリック。価格は312.9万円だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
最高峰EVレース、フォーミュラE「シーズン5」開幕。日産、BMW、HWA初参戦
トヨタ、『クルマをつくる会社』から『モビリティ・カンパニー』へ移行、その本気度
ルノー・ジャポンの限定車攻勢、今度は実用的な「カングー・プラティーク」
ルノーから限定車、今度はスニーカー「パトリック」とコラボレートしたチャプター
Googleとルノー・日産・三菱自、次世代インフォテインメントシステムで提携

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードルノージュネーブ・モーターショー

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース