チャット機能付の仮想通貨ウォレット「MIRAIPO CHALLET」Android版の提供開始

2018年12月2日 11:46

小

中

大

印刷

「MIRAIPO CHALLET」のチャット機能のイメージ。(画像: アイフリーク モバイルの発表資料より)

「MIRAIPO CHALLET」のチャット機能のイメージ。(画像: アイフリーク モバイルの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 アイフリーク モバイル(福岡県福岡市)は、仮想通貨ウォレット「MIRAIPO CHALLET(ミライッポ チャレット)」正式版の提供を開始した。本アプリを開発するにあたり、ブロックチェーン技術の提供はNAGA Team Asia(東京都千代田区)から行われている。ミライッポチャレットは仮想通貨Ethereumのトークンを管理・取引する機能を持ったウォレットアプリだが、そこにチャット機能を追加した点に新しさがある。

【こちらも】仮想通貨ウォレットアプリ「Wei Wallet」の英語版を正式リリース

 ミライッポチャレットを利用して取引をする場合は、チャット上で送付先情報が記録されたQRコードを送り合い、受け取った送付先を1タップで読み込むことが可能。これまで仮想通貨を利用した取引をする際に手間とされていた、相手のウォレットアドレスを自身のウォレットに送信するといった手順は不要となる。

 ミライッポチャレットを利用して行ったEthereumの取引は、アプリ内の取引履歴から一覧で確認することが可能。さらに24時間・1週間・1カ月・1年分単位で、Ethereumの相場変動をチャートでチェックすることもでき、資産の状況を容易に確認することができる。アプリ内から仮想通貨関連メディア情報にアクセスすることができるなど、ユーザビリティに配慮したアプリに仕上がっていると言えるだろう。

 またプライベートキー(秘密鍵)はミライッポチャレットをインストールした端末内にのみ保存される。そのためミライッポチャレットのサーバーが悪意ある第三者からのサイバー攻撃を受けた場合でも、ユーザーの資産が流出する可能性はない。誤操作などでアプリを削除してしまったり、端末が故障した場合のために、秘密鍵のエクスポート・インポート機能が搭載されている。

 仮想通貨関連で度々取り糺されるセキュリティ面への対応を強化しつつ、より手軽に資産管理を可能とした意欲的なアプリと言えるだろう。現在はandroid用アプリのみ提供されているが、iOS向けアプリも近日リリースされる予定だ。

関連キーワードMIRAI仮想通貨福岡市ブロックチェーンサイバー攻撃

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース