Intel、初のUWD版グラフィックスドライバーをリリース

2018年12月1日 23:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Intelは11月28日、初のUniversal Windows Driver(UWD/Windows Modern Driver)版グラフィックスドライバー(バージョンUWD 25.20.100.6444)をリリースした(ダウンロードページIntelのサポート記事よくある質問Neowinの記事)。

UWDはデスクトップやモバイル、IoTといった複数のデバイスタイプで単一のドライバーパッケージを利用可能にするもので、MicrosoftではWindows 10 バージョン1809以降でUWDの使用を必須としているそうだ。28日にリリースされたバージョンは64ビット版Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709)以降、第6世代Intel Coreプロセッサー以降に対応する。対応プラットフォームでは従来のドライバーはレガシードライバーとなり、以降はUWD版のみが提供される。

UWDはレガシードライバーとの下位互換性がなく、デバイスマネージャーの「ドライバーの更新」で「ディスク使用」を選択して更新すると問題が発生するため、今後数バージョンのリリースはZIPファイルでの提供を行わないという。また、UWDからレガシードライバーへロールバックするには、「設定」アプリの「アプリと機能」からUWDをアンインストールし、Windowsを再起動してからレガシードライバーをインストールする必要があるとのこと。

UWD版グラフィックドライバーはIntelのダウンロードセンターから入手できるが、Intel Driver & Support Assitantの使用が推奨されている。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ソフトウェア | Intel | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、Windows標準アクセサリアプリのUWPアプリ化を進行中? 2016年05月04日
Microsoft、デスクトップアプリをUWPアプリに変換するツールのプレビュー版を公開 2016年04月10日
2016年夏のWindows 10大型アップデートは「Anniversary Update」 2016年04月02日
Microsoft、PCとXbox Oneプラットフォームを統一すると発表 2016年03月04日
Microsoft、「universal Windows apps」を発表 2014年04月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10IoT(Internet of Things)IntelCreators Update

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース