2011年に休刊した情報誌『ぴあ』がスマホアプリになって復活

2018年11月30日 19:56

小

中

大

印刷

スマホアプリ版『ぴあ』。(画像:ぴあ発表資料より)

スマホアプリ版『ぴあ』。(画像:ぴあ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 かつて一時代を築いた情報誌が、スマホアプリとなって復活した。2011年に休刊した娯楽情報誌『ぴあ』が29日、アプリとして「本創刊」されたのである。

【2011年に休刊】エンタテインメント情報誌ぴあ首都圏版、7月21日発売号で休刊へ

 ぴあは1972年に創刊した。当時は情報誌などという言葉すらなかったという。既存の言葉にイメージをしばられたくないということで、ぴあという名前には意味はない。意味から雑誌の名前を作るのではなく、雑誌の名前がその言葉に意味を持たせるように、という野心的な挑戦がそこにはあった。その後、ぴあは1,341号が刊行され、最盛期の発行部数は80万部を数えた。

 しかし「情報誌」というジャンルは、その後インターネットの勃興という波に飲み込まれた。身もふたもないことを言ってしまえば、情報というものは雑誌で調べるのではなくインターネットでサーチするという時代がやってきてしまったのである。そして、2011年、ぴあは休刊した。

 だが、ぴあにとってそれは「終わり」ではなかった。2011年の休刊に際し、「役割をみつけたら再び戻ってくる」というのが同誌の公約であったという。

 新しいぴあの主な機能を見てみよう。まずは、「ぴあ式検索」である。開いた瞬間、「いま」「ここ」で行われているイベント情報が、一覧で表示される。もちろん「希望の時間」「希望のエリア」などを幅広く検索することも可能だ。目的のある検索とは違った、網羅的な表示による、エンターテイメントとの「偶然の出会いと発見」に重きを置いているという。

 さて、往年のぴあファンにとって忘れがたいものが、「はみだしYOUとPIA」という読者投稿コーナーである。これもデジタルならではの見せ方になって復活した。もう一つ、ぴあのアイコンといえばイラストレーター及川正通氏による表紙なのだが、これも「アプリ起動画面」という形になって、周期的に起動画面を描き換えるという形で復活した。

 新時代のぴあの、今後を楽しみにしたい。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードぴあ

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース