「センス」で終わらせず「違っていること」を考える

2018年11月29日 18:35

小

中

大

印刷

 「センスがいい」とは、基本的に誉め言葉で使われます。
 いろいろなスポーツでの「競技センス」、音楽や美術などでの「芸術センス」をはじめ、これは一般的な仕事の中で言われる「経営センス」「営業センス」「技術センス」といったものがあります。

 「競技センス」のようなものは、そもそもの体の作りや体力が違ったり、「芸術センス」ではその人固有の感性の違いであったり、他人では真似できない要素がたくさんあるので、それはセンスというほかありませんが、仕事で発揮する能力については、必ずしもそうとばかりは言い切れません。

 「あの社長は経営センスがある」「あの営業はセンスがない」など、仕事の結果の良しあしを、センスの一言で解決していることは、結構良くありますが、気をつけなければならないのは、センスに理由を求めると、そこで思考停止に陥ってしまうことです。
 何か良かったら「センスが良い」と言われるのか、反対に「センスがない」と言われるのは何をした時なのか、センスの言葉だけでは具体的にわかりません。
 そもそもセンスが良いと言われる本人でさえも、なぜそう言われるのかをわかっていなかったりしますし、センスが悪いという指摘では、本人はなおさら、何をどうすればよいのかがわかりません。

 もちろん、その人でなければできないセンスにかかわる要素はありますが、仕事に関してはそればかりではありません。結果が違うということは、必ずそこに至るまでのプロセスに違いがあります。
 この違いに注目し、センスが良いと言われる人の行動パターンを分析、可視化して、それと同じように行動すると、同じような結果につながるといわれます。センスには真似できる部分があるということです。
 以前から言われている「コンピテンシー」というのはまさにそのことで、ハイパフォーマーの行動を分析して、それを真似ることで成果につなげる方法です。

 しかし、「センスが良い」と言われる人は、概してそれを直観的にやっていて、しかも関連する要素の組み合わせは多岐に渡っていて、数多くのパターンがあるので、他人になかなか説明できません。
 成果の良し悪しを「センス」と言って終わらせてしまう理由には、「説明しづらい」ということも影響しているでしょうし、「見て覚えろ」というような育成方法も、言葉で説明しづらい結果として、そうなっていることがあるでしょう。

 個人の「センス」としか言いようがない部分は確かにあります。一方、行動を分析することで真似できるセンスもあります。センスと言っていた中身を分析してみると、「当たり前のことをやっていたかどうか」「地道な継続をしていたかどうか」というような、実は基本的なことだったケースは意外に数多くあります。

 「センス」の一言で片づけず、「違っていること」を探し出していくことで、改善できることはまだまだあるはずです。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

「仕事術」の写真ニュース

経営・ビジネスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_mgt

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース