スマホ決済アプリ「LINE Pay」、対応自販機での商品購入は少し面倒か

2018年11月29日 17:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 スマホ向け決済アプリ「LINE Pay」で支払いが行える飲料の自動販売機が登場している。たとえばキリンビバレッジの「Tappiness」では現金や電子マネーのほかLINE Payでの支払いが可能だ。また、伊藤園もWeChat PayとLINE Payに対応する自動販売機を展開しているのだが、LINE Payでの支払いには手間がかかるようだ(@chikuwa328氏による動画)。

 LINE PayはQRコードとネットワーク通信を使って決済に関する情報をやり取し、自販機に表示されたQRコードをアプリで読み取ると決済画面が表示される。ここで各種情報を確認・設定し、スマートフォン側の認証をクリアすることで商品が購入できるのだが、このスマートフォン側の操作ステップがやや多く、そのため今のところ迅速には購入ができないようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 携帯電話 | IT | お金

 関連ストーリー:
経産省、地方交通機関向けにQRコードを使った共通決済システムを検討 2018年10月23日
メガバンク、スマートフォン決済の「QRコード」の規格統一へ 2018年03月02日
LINEのくじ引きキャンペーン、LINE Payアカウントが勝手に作成されると話題に 2017年05月04日
LINEのクレジットカード決済サービスWebPay、終了へ 2016年11月04日
LINEが決済サービス「LINE Pay」を開始 2014年12月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電子マネーLINEキリンビバレッジLINE Pay伊藤園

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース