IoTデバイス「うんこボタン」、サーバーのSSL/TLS証明書失効で全回収・交換に

2018年11月29日 21:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 クラウドサービスと連携して赤ちゃんの排泄を記録するためのIoTデバイス「うんこボタン」で、サーバーとの通信に使用しているSSL/TLSサーバー証明書が期限切れとなり失効、そのため端末からサーバーへの通信が行えなくなるという不具合が発生しているという(ITmedia)。

 本来はサーバー証明書が期限切れになる前にファームウェアアップデート等で端末側の証明書も更新するはずだったが、これを怠ったのがトラブルの原因とのこと。サーバーに接続できない状況のため端末側の証明書をオンラインで更新することはできず、開発元の144Labは全端末の回収と交換を行うことを発表している

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | IT

 関連ストーリー:
ITで排泄管理 2018年06月08日
うんこには個人差があり、指紋のように使える可能性がある 2017年11月28日
「うんこ」は商標登録されている 2017年05月22日
うんこしてガチャを回すスマホゲー「うんコレ」 2014年11月21日
Subjectに「うんこ」や「極秘」などがつくワーム 2002年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIoT(Internet of Things)SSLTLSファームウェア

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース