セブンイレブン、初の完全制御型「野菜工場」開設 サラダを安定供給へ

2018年11月29日 12:22

小

中

大

印刷

「Sagamihara Vegetable Plant」のイメージ。(画像: セブン-イレブン・ジャパンの発表資料より)

「Sagamihara Vegetable Plant」のイメージ。(画像: セブン-イレブン・ジャパンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は、プリマハム子会社のプライムデリカ(神奈川県相模原市)と共同で、野菜工場を2019年1月より稼働すると発表した。全天候型で災害時にも良質の野菜を安定供給できるとあって、高い期待を寄せている。2020年にはサラダ7万食分のレタスを生産する計画だ。サラダの生産はローソンも手掛けており、今後もこうした野菜工場が普及しそうだ。

【こちらも】セブンも設立へ 植物工場への参入続く 輸出にも期待

 野菜工場は、神奈川県相模原市のプライムデリカの敷地内に「Sagamihara Vegetable Plant(相模原ベジタブルプラント)」の名称で開設される、セブンイレブン専用工場となる。運営はプライムデリカが担う。3品種のリーフレタスを生産し、神奈川県の一部店舗から順次販売する方針だ。生産は2019年1月から開始し、フル稼働は2020年を予定している。フル稼働すれば1日あたりの生産能力は約3tに達するという。

 工場には最新の技術を惜しみなく導入した。玉川大学との共同開発技術であるLED光制御技術を活用した高付加価値な野菜の生産方式を採用。安川電機の自動化技術で、種まきから収穫まで全工程における自動化技術を採用し、生産効率も最大限に高めた。各社の技術を終結することで、高付加価値かつ高品質な野菜を高い生産効率で供給することができるという。

 安全性対策も万全だ。収穫後の野菜を外気に触れることなく併設された野菜上場で加工し、商品化する。閉鎖された空間のため、虫や病気の被害を最小限に抑えることが可能で、無農薬栽培も実現するという。LED光制御技術にてビタミンCなどの機能性成分の増量も実現できる。

 セブンイレブンではこうした生産工場により、健康志向の高まりとともに需要が増加傾向にある野菜を使用した商品の拡充を図る構えだ。専用工場だからこそできる安心・安全、そして安定供給へ――。セブンイレブンはその一歩を踏み出す。(記事:香川大輔・記事一覧を見る

関連キーワード神奈川県ローソンセブンイレブン安川電機

「スーパー・コンビニ・百貨店」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース