政府、AI運用に関する7原則を制定へ

2018年11月28日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 政府がAIを利用する企業に対し、説明責任を求めるよう法整備を行うと報じられている(日経新聞)。

 これは内閣府の人間中心のAI社会原則検討会議が進めているもの(日刊工業新聞)。FISCOによると、政府は次のような「7つの原則」をまとめるという。

 AIは人間の基本的人権を侵さない 
 AI教育の充実 
 個人情報の慎重な管理 
 AIのセキュリティー確保 
 公正な競争環境の維持 
 企業に決定過程の説明責任 
 国境を越えたデータ利用の環境整備 特に6の説明責任がポイントのようだ。

 スラドのコメントを読む | 人工知能 | 政府

 関連ストーリー:
中国・北京理工大学、18歳以下の優秀な学生27人を選抜しAI兵器開発専門の軍事研究プロジェクトに参加させる 2018年11月15日
NTT西日本、250業務で人工知能を導入へ 2018年03月20日
羽生善治、AIを語る 2017年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード内閣府セキュリティ

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース