スバル、「国際航空宇宙展2018東京」に出展 東京ビッグサイトで

2018年11月26日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

「国際航空宇宙展2018東京」でSUBARUが展示を予定する民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」

「国際航空宇宙展2018東京」でSUBARUが展示を予定する民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUは、2018年11月28日~30日までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催される、「国際航空宇宙展2018東京」(JA2018/主催:一般社団法人日本航空宇宙工業会)に出展する。

 JA2018は国内外の航空宇宙産業、およびその関係者が集う展示会で、前回のJA2016以来2年振りの開催だ。今回SUBARUは、「受け継がれる、ものづくりの情熱」をコンセプトとし、自動車事業と並ぶ同社の一方の事業の柱である航空宇宙事業においても、空と宇宙へのSUBARUブランド拡張を目指し、安心・安全を実現する高度なインテグレーション能力と、次世代へ向けた取組みをゾーン別に展示するという。

 SUBARUブースの具体的な展示内容は、2018年7月5日に米国連邦航空局の型式証明を取得した、民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の大型模型(2/5スケール)、およびそれをベースとした陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター「UH-X」の模型(1/10スケール)をメインに展示。

 また、ボーイング社と共同開発した旅客機、ボーイング787「中央翼」のスケルトン模型(1/10スケール)を展示するほか、海上自衛隊向け練習機「T-5」、航空自衛隊向け初等練習機「T-7」、陸上自衛隊向け多用途ヘリコプター「UH-1J」、陸上自衛隊向け戦闘ヘリコプター「AH-64D」など、SUBARUが手掛ける完成機を紹介する。

 この10年でおよそ倍に成長したSUBARUに自動車事業に比べて一般にはなかなか見ることの出来ない、SUBARUの「空の移動革命に向けた取組み」として今後のモビリティの可能性について映像展示などで知ることができる貴重な機会といえそうだ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ヤマハ、事業用無人ヘリの事業実用化に目途、工事用資材運搬事業開始
SUBARU米国ベル社、民間向け最新型ヘリコプター「412EPX」で協業

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスバル陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊日本航空ボーイング

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース