京王電鉄、臨時座席指定列車「冬の高尾山ハイキング号」を初運転

2018年11月24日 14:30

小

中

大

印刷

5000系車両(画像: 京王電鉄の発表資料より)

5000系車両(画像: 京王電鉄の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 高尾山頂から見えるダイヤモンド富士の様子。(画像: 京王電鉄の発表資料より)

 京王電鉄は22日、臨時の座席指定列車「冬の高尾山ハイキング号」を、12月22日から24日に新宿~高尾山口間で運転すると発表した。

【こちらも】京王初、座席指定列車「京王ライナー」運行開始 全席電源コンセント完備

 高尾山山頂からのダイヤモンド富士は、例年12月22日前後が見頃となるが、まさに、この時期に合わせての運転となる。なお、「冬の高尾山ハイキング号」に使用されるのは、京王ライナーとしても活躍している5000系10両編成だ。

■平成最後のダイヤモンド富士

 「冬の高尾山ハイキング号」は、新宿駅を10時28分に出発し、高尾山口には11時26分着となる。新宿~高尾山口間では、一部の駅で運転停車をするが、乗降の扱いはない。定員は各日400名だ。

 料金は、大人3,000円、小人(4歳~小学生)は2,000円となっている。3歳以下の子どもが座席を使用する場合には、小人料金が必要だ。料金には座席指定料金のほかに、京王高尾温泉「極楽湯」の入浴券(フェイスタオル付き)や、オリジナル手ぬぐいなどの記念品も含まれる。

 乗車募集期間は11月22日から12月9日まで。応募は、ネット上の専用応募ページを利用する。ハガキによる応募は受け付けていないので注意が必要だ。応募者が多数の場合は抽選となり、当選者には12月中旬にメールで当選の案内が届く。平成最後のダイヤモンド富士を、初運転の臨時列車で見に行ってみてはいかかだろう。

■京王5000系

 5000系は、京王にとって16年ぶりとなる新型車両だ。2017年9月から営業運転を開始、2018年2月からは、京王初の座席指定列車「京王ライナー」に充当されている。京王の車両としては初のデュアルシートを採用、通常はロングシートで運行されているが、京王ライナーとして運行するときにはクロスシートとなる。

 一般の通勤車両よりも座席の幅が広く、ゆったりと座れるのが特徴。無料公衆無線LANや、全ての席に電源コンセントを完備するなど、充実した車内サービスも提供している。(記事:山岡光・記事一覧を見る

関連キーワード京王電鉄

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース