人類による火星移住は非現実的か

2018年11月23日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 アメリカの科学教育者で有名なテレビ司会者であるBill Nye氏が、火星を植民地化したり、テーラーフォーミング化することに関して「SF的」だとして否定している(USA TODAYSlashdot)。

 氏は「人類の生存に適した地球ですらまともに世話ができないのに、別の惑星を世話することなんてできますか?」とし、火星への永住についても「あり得ない」と否定した。

 氏によると、たとえば南極大陸に住む科学者はいるが、それはあくまで研究のための一時的なものであり、永住する人はいない。過酷な環境である火星に定着して家族を作り、火星世代を育てることは現実的ではないとし、とくにドームの外に出るときに着る宇宙服のにおいは彼らを現実に引き戻すかもしれないとしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | 宇宙

 関連ストーリー:
セントラルフロリダ大学、火星の土を再現した「模擬土」を販売 2018年10月04日
火星の中緯度地域で崖の斜面に露出した厚い氷の層が確認される 2018年01月16日
NASAによる火星の有人探査、実現できる時期はまだまだ未定 2017年07月19日
SpaceXの火星移住計画、現段階での構想が明かされる 2016年10月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード火星