1988年以降に排出された温室効果ガスの約7割、わずか100の企業から排出

2018年11月22日 23:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 1988年以降に排出された温室効果ガスの71%は、全世界のたった100の企業から排出されていたという(ITmediaレポートPDF)。

 このデータは国際NGOのCDPによってまとめられたもの(CDPの発表)。排出量トップは中国の国営石炭会社、2位は中東サウジアラビアの国営石油会社アラムコ、3位は世界最大の天然ガスの生産・供給会社で半国営のロシアのガスプロムとなっている。また、排出量上位25社による温室効果ガスの排出量を合わせると全世界の排出量の50%に相当するという。なお、この100社が1988年から2016年までに排出した二酸化炭素の総量は9230億トンとのこと。

 排出量が多い企業は国営・半国営企業が多く、排出量トップ10のうち民間企業はエクソンモービルとロイヤル・ダッチ・シェルの2社のみとなっている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス

 関連ストーリー:
北海道でバイオガス発電プラント計画の凍結が相次ぐ、太陽光発電と送電容量取り合い 2018年10月10日
日本は2050年時点で乗用車の二酸化炭素排出量9割削減を目指す 2018年07月26日
国際海事機関、2050年までに海運船舶のCO2排出量を半減することで合意 2018年04月20日
米研究者ら、温暖化による今世紀中の気温上昇を予測。トランプ政権による報告への介入に対する懸念も 2017年08月15日
米国、パリ協定から離脱へ 2017年06月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース