Ubuntu 18.04 LTS、10年間サポートに

2018年11月22日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Canonicalでは今年4月にリリースしたUbuntu 18.04 LTSを10年間サポートするそうだ(Ubuntu blog基調講演動画:該当部分は6分59秒以降ZDNetBetaNews)。

 この計画はCanonical CEOのMark Shuttleworth氏がOpenStack Summit Berlin 2018の基調講演で明らかにしたものだ。通常、Ubuntuの長期サポート(LTS)版はサポートが5年間提供されるので、サポート期間が2倍に延長されることになる。Shuttleworth氏はサポート期間延長の理由として、Canonicalが注力する通信や金融といった業界では非常に長いスパンで計画を行うものがある点や、IoTが製造の現場に配備された場合に少なくとも10年間は使い続けられる点を挙げている。また、基調講演後に行われたZDNetのインタビューでは2021年4月にサポートが終了するUbuntu 16.04 LTSについてもサポート期間を延長する考えを示したとのことだ。

 なお、個人的には基調講演で登壇したShuttleworth氏の容貌が以前とは大きく変わっていることに驚いた。これについては本人も冒頭(動画の1分30秒当たり)で触れている。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | Ubuntu

 関連ストーリー:
「Ubuntu 18.04 LTS」リリース 2018年05月01日
Ubuntu、18.04 LTSからシステムデータを収集する方針を発表 2018年02月20日
Canonical、Ubuntu 18.04 LTSではXorgをデフォルトに 2018年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIoT(Internet of Things)Ubuntu

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース