3Dプリンタは人体に悪影響を及ぼす可能性があるのか

2018年11月21日 21:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 昨今普及が進んでいる3Dプリンタが、人体に悪影響を及ぼす可能性がある物質や「超微粒子」を放出しているという話があるようだ(Aerosol Science and Technology誌掲載論文MIT Technology Review)。

 3Dプリンタは「フィラメント」と呼ばれる樹脂を溶かして積層することで立体物を作り出すが、その際に刺激物質や発がん性物質、超微粒子などを放出しているという。これらが人体に悪影響を及ぼす可能性があるそうだ。

 ただ、実際にどのような影響が発生するかは解明されていないとのことで、3Dプリンタは換気の良い場所で使用する、利用時には機器から離れるといった対策が推奨されている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 医療

 関連ストーリー:
米国で3Dプリンタ用拳銃3Dデータの配布を巡る訴訟が発生 2018年09月04日
3Dプリンタを利用して液体構造物を印刷する技術 2018年04月11日
大林組、特殊なセメントを使った部材製造のための3Dプリンタを開発 2017年10月24日
粘土で出力できるデスクトップ3D粘土プリンタ 2017年06月07日
プラスチックゴミを3Dプリンタの造形材料として再利用できる「Filabot」 2013年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード3Dプリンター

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース