NASA高官、「民間の超大型ロケットが飛ぶならSLSは中止する」

2018年11月21日 21:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01曰く、 開発遅延や予算超過に悩まされるNASAの超大型ロケット「SLS」について、NASA高官はSpaceXやBlue Originの超大型ロケットが成功するのであれば、計画を中止すると発言しているようである(Business InsiderNextBigFuture.com)。

 これは、米Business Insider紙が17日にNASAのStephen Jurczyk氏の発言として報じたもの。NASAは2011年よりスペースシャトルやコンステレーション計画の後継となる超大型の有人ロケット「SLS」を開発しているが、初打ち上げが2017年から2020年に遅延する一方、開発費は既に119億ドル(1兆3千億円)に達しており、2021年までにさらに40〜50億ドルが必要だとみられている。

 その一方で、米国ではSpaceXのBFRやBlue OriginのNew Glennといった民間企業による超大型ロケットの開発が進められており、いずれも2020年代前半の打ち上げが計画されている。これらのロケットの開発も必ずしも順調というわけでもないが、SLSよりはコストも抑えられると予想されている。NASAがロケットを完全に民間に委ねる日も遠くないのかもしれない。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | NASA

 関連ストーリー:
NASA、米民間宇宙船による初の有人宇宙飛行に乗務するクルー9名を発表 2018年08月05日
SpaceX、より小さくなった超大型ロケット「BFR」を発表 2017年10月03日
NASAによる火星の有人探査、実現できる時期はまだまだ未定 2017年07月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASASpaceX

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース