WASHハウスは大手監査法人が選ぶ高成長率50社に入り値上がり率1位

2018年11月19日 10:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■4期連続、有限責任監査法人トーマツ19日発表

 WASHハウス<6537>(東マ)は11月19日、再び出直りを強め、10時過ぎに9%高の1056円(86円高)まで上げて東証マザーズ銘柄の値上がり率1位に躍進した。コインランドリーを全国展開し、手掛かり材料としては、有限責任監査法人トーマツ(東京都港区)が19日付で発表した高成長率の企業50社に4期続けて選抜されたと発表したことが言われている。

 今期・2018年12月期・第3四半期から連結財務諸表を作成し、第3四半期の連結決算(1018年1~9月、累計)は11月7日に発表し、売上高が19.19億円、営業利益が0.55億円の赤字となった。12月通期の見通しは売上高が40.11億円、営業利益が3.0億円、純利益は1.86億円、1株利益は27円29銭。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
全国保証は第1四半期2ケタ増収増益と好調、4400円どころは下値(2018/10/04)
ウィルは中部圏への活動エリア拡大へ、配当利回り妙味も増す(2018/10/03)
サンコーテクノは反発期待、19年3月期増収増益・連続増配予想で2Q累計2桁増益と順調(2018/11/09)
神鋼商事は反発の動き、19年3月期経常減益予想だが2Q累計概ね順調(2018/11/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース