ランドローバー、「ディスカバリー」2019年モデルを発売 特別仕様車も

2018年11月18日 11:11

小

中

大

印刷

DISCOVERY GO-OUT EDITION。(画像:ランドローバージャパン発表資料より)

DISCOVERY GO-OUT EDITION。(画像:ランドローバージャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • DISCOVERY GO-OUT EDITION。
  • DISCOVERY GO-OUT EDITION。
  • DISCOVERY GO-OUT EDITION。
  • DISCOVERY 2019年モデル。
  • DISCOVERY 2019年モデル。
  • DISCOVERY 2019年モデル。
  • DISCOVERY 2019年モデル。
  • DISCOVERY 2019年モデル。

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、7人乗りフルサイズSUV「DISCOVERY(ディスカバリー)」の2019年モデルを、11月16日から全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークで受注開始した。また、ランドローバーのブランド誕生70周年を記念する特別仕様車「DISCOVERY GO-OUT EDITION()」も、40台限定で発売した。

【こちらも】ランドローバー・ディスカバリーの第5世代、大きく豪華になって日本上陸

 ランドローバーの誕生は1948年。当時ローバー社のエンジニアリング・ディレクターだったモーリス・ウィルクスが、同じく当時マネージング・ディレクターだった実兄、スペンサー・ウィルクスに対し、英国アングルシー島のレッド・ワーフ・ベイの砂浜に初代「LAND ROVER」のスケッチを描いて見せたのがその誕生の嚆矢であったという。

 最初のランドローバーは「ランドローバー・シリーズI」と言って、ジープの影響を受けたオフロード四輪駆動車であった。

 なお、ランドローバー社そのものはその後複雑な経緯を辿り、1989年からジャガーとブランド統合され、こんにちは単一の自動車会社として運営されている。

 さて、まずはその70周年記念の特別仕様車を見てみよう。ベース車両には「DISCOVERY HSE 3.0L ディーゼル」を採用し、エクステリアカラーは全12種類。フルサイズ7シートの設定をリモートで変更できる、寒冷地のドライブに向くなど、アウトドアのライフスタイルがを充実させる1台となっている。

 通常のDISCOVERYは、ドライバー支援システムを標準装備し、エマージェンシー・ブレーキ、レーン・キープ・アシストなどが安心感を高めてくれる仕様になっている。

 価格は消費税込で「DISCOVERY GO-OUT EDITION」が949万9,000円、「DISCOVERY」が850万9,000円~993万3,000円。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード特別仕様車ランドローバー

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース