クラスターT 一時ストップ高、コイル封止用の新材料を量産開始/新興市場スナップショット

2018年11月16日 13:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:25JST <4240> クラスターT 516 +34
一時ストップ高。開発中のエポクラスターCoolieシリーズから「コイル封止用低温硬化エポキシ成形材料(SR-03)」がレジャー分野で採用され、量産を開始したと発表している。モーターやリアクタンスなど各種コイル類の絶縁や固定、制震用途の低温封止に利用できるという。前日まで3日続落しており、値頃感が高まっているとの見方も買いにつながったようだ。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース