Windows 10、バージョン1803のサポートプロセッサーにSnapdragon 850追加

2018年11月15日 22:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 MicrosoftがWindowsのプロセッサー要件リストを更新し、Windows 10バージョン1803(April 2018 Update)でサポートするプロセッサーにQualcomm Snapdragon 850を追加した(Neowin)。

 これまでSnapdragon 850をサポートするWindowsバージョンはWindows 10バージョン1809(October 2018 Update)のみだった。しかし、バージョン1809はアップグレード時のファイル消失問題が判明して一般提供開始直後にロールアウト一時停止となり、1か月以上提供が再開されなかった。その結果、Snapdragon 850搭載PCを製造するOEMメーカーは同プロセッサーをサポートしないバージョン1803をプリインストールして出荷せざるを得ない状況になっていると報じられていた。

 Microsoftのドキュメントには11月6日更新との記載がみられるが、日本時間11月11日4:09:15に保存されたGoogleキャッシュではバージョン1803のサポートするプロセッサーにSnapdragon 850が追加されていないため、実際に追加されたのは11日以降とみられる。一方、Intelの第9世代Coreプロセッサーに関しては、バージョン1803でサポートするプロセッサーのリストには追加されず、バージョン1809のみのサポートのままとなっている。なお、11日から現在までにバージョン1803の新たな更新プログラムは出ていないため、要件だけが更新されたようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ソフトウェア | Windows

 関連ストーリー:
Windows 10 October 2018 Update、一般提供が再開されないまま11月に入る 2018年11月03日
レノボ・ジャパン、Snapdragon搭載Windows PCの国内発売を発表 2018年10月10日
Microsoft、Windows 10 October 2018 Updateのロールアウトを一時停止 2018年10月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleSnapdragonQualcommMicrosoftWindowsWindows 10Intel

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース