『アリータ:バトル・エンジェル』最新予告編! モーターボールで戦う姿も

2018年11月15日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督で、木城ゆきとのサイバーアクションマンガ「銃夢」を実写化した『アリータ:バトル・エンジェル』の最新予告編が解禁となった。写真:(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督で、木城ゆきとのサイバーアクションマンガ「銃夢」を実写化した『アリータ:バトル・エンジェル』の最新予告編が解禁となった。写真:(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation[写真拡大]

写真の拡大

 ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督で、木城ゆきとのサイバーアクションマンガ「銃夢」を実写化した『アリータ:バトル・エンジェル』の最新予告編が解禁となった。

 ・[動画]モーターボールで戦うアリータの勇姿を捉えた最新予告編が解禁!/映画『アリータ:バトル・エンジェル』

 冒頭にはキャメロンが登場して、原作である「銃夢」の「想像力あふれる世界に魅了されてきたこと」、「日本に『アリータ:バトル・エンジェル』を届けられること興奮している」などとコメントしている。

 予告編では、アイアンシティに暮らすサイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって、瓦礫の中から拾われて新たなサイボーグの体を与えられた少女=アリータが、記憶をなくした自分が何者なのか?と悩む様子が映し出される。そんなアリータをイドはまるで本当の子どものように大切に育てるが、ある日、アリータはイドを守るために戦い、自分の中にコントロールできないほどの戦闘能力が備わっていることに気づいてしまう。実は彼女は、300年前大戦中に失われたテクノロジーで作られた最強の兵器だった。果たしてアリータと分断された世界の過去に隠された秘密とは? 人々の温かさに触れ、感情が芽生えた「最強兵器アリータ」は、自分の命の意味を見つけるため、そして大切な人たちを守るため、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な闘いへと身を投じていく。

 後半では、そんな最強兵器として作られたという壮絶な過去を持つアリータを破壊しようと次々と襲いかかる凶悪な殺人サイボーグたちを、戦士として覚醒(めざ)めた彼女が、驚異的な格闘スキルでを圧倒するシーンなどを見ることができる。さらに本作では、原作の中でも特に高い人気を誇るバトルロイヤルゲーム「モーターボール」がシーンがあることも判明。最新鋭CGを駆使した『アバター』(09年)で世界に衝撃を与えたジェームズ・キャメロンが、新たに世に贈り出す究極の映像体験に、否応なしに期待が高まる。

 映画史に新たに名を遺すことが確実なニューヒロインは、なぜ過去を知り、闘わなくてはならないのか? アリータの成長を描くドラマティックなストーリーと激しいバトルにも注目だ。

 『アリータ:バトル・エンジェル』は2019年2月22日より全国公開となる。

【関連記事】

 上白石萌音、クールでスタイリッシュな黒い衣装に照れ笑い
『アリータ:バトル・エンジェル』の公開日が2019年2月22日に変更!
原作者・木城ゆきと『アリータ:バトル・エンジェル』に「うらやましい」
『アリタ:バトル・エンジェル』の邦題が『アリータ:バトル・エンジェル』に変更

関連キーワードジェームズ・キャメロンアリータ:バトル・エンジェル

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る