北海道新幹線、2017年度は約99億円の赤字

2018年11月14日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 JR北海道が11月9日、2017年度の路線ごとの収支状況を公開した。これによると、2016年に開業した北海道新幹線の2017年度の収支状況は98.88億円の赤字で、前年度から赤字額が44億円増加する状況となっている(北海道新聞日経新聞)。

 同年度のJR北海道の営業損益は551.34億円で、もっとも損益の大きい路線が北海道新幹線という結果だった。大規模な停電が発生した胆振東部地震や台風21号の影響なども原因として挙げられているが、札幌周辺の路線の営業損益は改善傾向にあり、北海道新幹線の赤字は開業による「ブーム」収束が一番の原因のようだ(共同通信)。

 なお、北海道新幹線と相互直通運転を行なっている東北新幹線の利用者数はここ5年間で微増という傾向になっている(JR東日本による「路線別利用状況」公開ページ)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 交通

 関連ストーリー:
JR北海道、国の追加支援が終了した場合2020年度末で資金不足に陥るとの試算を公表 2017年01月30日
JR北海道、「単独では維持困難」な路線を発表 2016年11月18日
北海道新幹線の札幌駅ホーム問題、3つの案がいずれも実現困難とされる 2016年04月28日
北海道新幹線開通の影響で青函トンネルの貨物輸送料金が値上げされる 2016年04月02日
北海道新幹線、3時間台での運行見送りへ。最短4時間2分 2015年12月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道新幹線JR北海道

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース