朝日新聞のTwitterアカウント、乗っ取られて詐欺の宣伝に使われる

2018年11月13日 14:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 11月5日に朝日新聞・新潟総局のTwitterアカウントが乗っ取られていたそうだ。このアカウントは、ビットコイン詐欺の宣伝に利用されたとみられる。朝日新聞は6日、日経xTECHの取材に対して乗っ取り被害を認めている(日経新聞)。

 問題となっているビットコイン詐欺は、「送金した金額よりも多い額のビットコインを送り返す」などとうたってビットコインの送金を求めるもの。乗っ取られた朝日新聞のアカウントからは「I sent 1 BTC and got back 10 BTC!」「THANK YOU」「+10BTC」といった書き込みが行われていたようだ。

 最近Twitterではアカウントを乗っ取ってビットコイン詐欺関連の広告Tweetを投稿する事件が増えており、6日には米出版社Pantheon Booksのアカウントが乗っ取られ、登録者名を「Elon Musk」に書き換えた上で詐欺Tweetを投稿する事件が発生していた(ITmedia)。乗っ取られた朝日新聞のアカウントは、このPantheon Booksのアカウント宛てのTweetも投稿していた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | インターネット

 関連ストーリー:
Twitter、スパム報告機能を細分化して強化 2018年11月06日
SNSなどでの偽情報やプロパガンダ拡散に大金を支払う工作組織 2018年10月26日
MIT、「Twitterでは嘘は真実よりも速く拡散される」との研究結果を発表 2018年03月14日
艦これ運営のTwitterアカウントが凍結される、第三者からの虚偽のDMCA申請が原因 2018年02月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース