iPhoneのSafariに不具合、特定のCSSアニメ使ったページ開くとクラッシュ

2018年11月13日 08:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 特定のCSSアニメーションを使ったWebページをiPhoneのWebブラウザ(Safari)で閲覧すると、iPhoneに高負荷がかかりアプリがクラッシュする(再起動される)という問題が発見された(GIGAZINE)。

 この情報を公開していたページ既に非公開にされているが、いやしくもプログラマー名乗る人が「iPhoneでCSSアニメーションさせたら落ちた!サイト作って公開しよう!」って安易な行動に出るのは職業倫理の意識が足りなすぎ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ

 関連ストーリー:
iOS 11.4.1、言語が中国語に設定されていた場合に「Taiwan」と入力するとクラッシュする問題を修正 2018年07月13日
iOSデバイスにおけるトラブル・故障発生率が急増 2016年08月29日
トラブルが相次ぐiOS 9.3 2016年03月31日
Skypeで特定の文字列を送受信するとクラッシュするバグが見つかり、修正版が公開される 2015年06月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiPhoneSafari

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース