Lenovo、北京のキャンパスに無人コンビニをオープン

2018年11月9日 21:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Lenovoが中国・北京の新キャンパスに無人コンビニエンスストア「Lenovo Lecoo Unmanned Store(聯想来酷無人店)」をオープンしたそうだ(Lenovoの発表The Verge)。

 この店舗では、入り口に設置されたタブレット端末で客の顔を認識し、客が品物を持って店から出ると自動でモバイルペイメントによる決済が行われるという。 無人店舗設置の目的は単なる利便性向上ではなく、顔認識技術をはじめとするさまざまな技術を向上させるパイロットプログラムとしての意味があるとのことだ。なお、あんまんが購入できるかどうかは不明だ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | モバイル | テクノロジー | ビジネス | IT | 中国

 関連ストーリー:
ユニクロ、自動化を進めた倉庫の稼働を開始。人員の9割を削減、生産性は大幅に向上 2018年10月15日
JR東、赤羽駅に商品をカメラで認識して決済する無人店舗を設置へ 2018年10月03日
中国も無人潜水艦を開発中 2018年08月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国Lenovo

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース