Microsoft Edgeに新たな脆弱性、リモートコード実行が可能

2018年11月9日 21:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 セキュリティ研究者であるYushi Laing氏と協力者のAlexander Kochkov氏は、Microsoft Edgeブラウザに関する2つの脆弱性を発見した。Yushi Liang氏は、Edgeブラウザへのゼロデイ攻撃の可能性を訴えている。彼らは、SensePostのWadi Fuzzerユーティリティの助けを借りてゼロデイバグを発見したという。Yushi Laing氏は、概念実証としてブラウザから電卓(Windows Calculator)アプリを表示した画像を公開している

 なお、脆弱性の発見者に対して報酬を出す制度があるが、Webブラウザをターゲットにした新しい侵入コードを発見すると高額の報奨金が出るという。Liang氏は、安定して悪用できるコードの開発と完全なサンドボックスエスケープを達成すること、実行権限をSYSTEMにエスカレートする方法を探す目的で研究をしていたとしている(BleepingComputerITProSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | バグ

 関連ストーリー:
CPUのSMT機能に関連した脆弱性が見つかる、SSL秘密鍵を盗む実証コードも公開 2018年11月07日
ハッキングコンテスト「Pwn2Own」で狙われたEdge、仮想マシン内のEdgeからホストにアクセスできる攻撃も行われる 2017年03月24日
Windowsの未修正脆弱性に対するサードパーティのパッチが公開される 2017年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性セキュリティMicrosoftWindowsMicrosoft Edge

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース