概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は6日ぶりに反落、連日の上昇で足元では高値警戒感が強まり

2018年11月9日 09:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:31JST 概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は6日ぶりに反落、連日の上昇で足元では高値警戒感が強まり
【ブラジル】ボベスパ指数 85620.13 -2.39%
8日のブラジル市場は3日続落。主要指標のボベスパ指数は前日比2094.22ポイント安(-2.39%)の85620.13で取引を終えた。88569.69から85620.13まで下落した。

買いが先行した後は売りに押され、引けまで下げ幅をじりじりと拡大させた。米連邦公開市場委員会(FOMC)のタカ派的声明が嫌気され、ブラジルなど新興国からの資金流出懸念が高まった。また、ボベスパ指数が引き続き過去最高値水準で推移しており、利食い売りも継続。このほか、原油価格の下落などが指数の足かせとなった。

【ロシア】MICEX指数 2438.62 -0.27
8日のロシア株式市場は6日ぶりに反落。主要指標のMICEX指数は前日比6.72ポイント安(-0.27)の2438.62で取引を終了した。2454.84から2430.84まで下落した。

小幅高で寄り付いた後は前日の終値近辺で一進一退の展開を示した。連日の上昇で足元では高値警戒感が強まり、利益確定売りが優勢となった。また、原油価格の下落も資源セクターの売り材料となった。一方、指数の下値は限定的。ロシアに対する米国の追加制裁が短期的には実施されないとの見方が指数をサポートした。

【インド】
休場

【中国本土】上海総合指数 2635.63 -0.22%
8日の上海総合指数は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比5.71ポイント安(-0.22%)の2635.63ポイントと4日続落した。

中国景気の先行きを不安視した売りが継続する流れ。中国の政府高官は、「国内経済に下押し圧力が強まっている」と相次ぎ発言している。直近では、国家発展改革委員会の幹部が2018年の自動車販売に関し、前年実績を割り込む可能性に言及した。取引時間中に公表された10月の中国貿易統計で、輸出と輸入の伸び率がそろって上振れたことはプラス材料となったものの、買いの勢いは続かず、指数は引けにかけてマイナス圏に沈んでいる。《CS》

「海外株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース