前日に動いた銘柄 part2:日本カーボン、ASTI、ショーエイコーポなど

2018年11月9日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2:日本カーボン、ASTI、ショーエイコーポなど
銘柄名<コード>⇒8日終値⇒前日比

GCA<2174> 845 -69
7-9月期は大幅減益に転じる形で。

日本カーボン<5302> 6440 -610
第3四半期好決算発表も出尽くし感で。

市光工業<7244> 778 -67
7日は決算好感も上ヒゲ残す。

田淵電機<6624> 172 -13
上半期最終損益は赤字見通しに。

住友ゴム工業<5110> 1560 -83
通期会社計画は下方修正へ。

パイオニア<6773> 93 -4
カーエレ不振で通期売上計画を下方修正。

オプテックスグループ<6914> 2128 -112
いちよし証券ではフェアバリューを引き下げへ。

システムソフト<7527> 118 -7
7日急騰の反動で短期資金の利食い優勢。

ユーグレナ<2931> 651 -16
今期最終損益は赤字拡大へ。

グレイステクノロジー<6541> 2718 -55
7-9月期増益率鈍化で出尽くし感も。

三菱UFJ<8306> 684.8 +11.3
米長期金利の上昇を追い風に。

SUMCO<3436> 1697 +66
実績・見通しともに市場予想を上回る。

JXTG<5020> 780.7 +45.1
市場予想を上回る上方修正を引き続き評価。

ソフトバンクグループ<9984> 8805 +248
日経平均の大幅高に連れ高の展開へ。

ダイキン<6367> 13315 +850
決算嫌気で7日に急落も押し目買いが優勢。

ASTI<6899> 2215 +400
通期業績予想を上方修正している。

ショーエイコーポ<9385> 801 +88
増配・株主優待拡充を評価の動き続く。

図研エルミック<4770> 437 +27
上半期営業黒字転換評価の動き続く。

オプティマス<9268> 1471 -271
上半期営業利益は4割近い減益に。

SECカーボン<5304> 17190 -1520
決算を受けて7日に急騰した反動。

イントランス<3237> 179 +10
19年3月期第2四半期の営業利益293.3%増、通期予想上回る。

SEMITEC<6626> 5870 -240
19年3月期第2四半期の営業利益予想を7.00億円に上方修正で買い先行も。

メドピア<6095> 2095 +81
子会社がライフログプラットフォーム事業を開始、インテージHDと業務提携。

太陽工機<6164> 3800 +100
1株につき2株の株式分割を発表。

アジアゲート<1783> 105 +20
18年9月期の営業利益予想を6.42億円に上方修正。

ジオマテック<6907> 859 +32
マツダ<7261>と新規流量センサーを共同開発

ブロバンタワ<3776> 326 +43
18年12月期第1四半期の純損益が黒字に転換。

タイセイ<3359> 540 +51
18年9月期の営業利益予想を3.40億円に上方修正。

サンバイオ<4592> 7150 +60
直近急騰の反動で利益確定売りが優勢に。

エルテス<3967> 1811 +291
提携先のVAAKが無人コンビニ実験開始と。《FA》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース