前日に動いた銘柄 part1:東芝、ヴィンクス、テイクアンドギヴ・ニーズなど

2018年11月9日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1:東芝、ヴィンクス、テイクアンドギヴ・ニーズなど
銘柄名<コード>8日終値⇒前日比

東芝<6502> 3775 +425
発行済株式数の約40%にあたる2億6000万株を上限に自社株買い実施と。

東洋紡<3101> 1570 -32
今期業績予想を下方修正。

プレス工<7246> 604 +79
上方修正と増配を発表。

パイオラックス<5988> 2732 +186
19年3月期第2四半期の営業利益は前年同期比2.1%増。

ヴィンクス<3784> 1673 +300
上半期好進捗決算に敏感に反応。

テイクアンドギヴ・ニーズ<4331> 2096 +400
上半期・通期業績予想を上方修正へ。

ヨコオ<6800> 1547 +263
堅調決算や配当予想の引き上げを材料視。

スルガ銀行<8358> 590 +80
上半期大幅赤字報道もあく抜け感につながる。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス<6544> 2050 +350
上振れ決算や大幅な増配を評価。

ユーシン<6985> 978 +111
ミネベアミツミによるTOB価格にサヤ寄せへ。

ノエビアHD<4928> 5700 +630
今期増益見通しや前期配当増額などを評価。

NISSHA<7915> 2054 +172
7-9月期の収益急回復を好感へ。

JPHD<2749> 327 +36
7日は決算発表後に売り優勢となっていたが。

バンナムHD<7832> 4570 +435
上半期の好決算にはサプライズも強まる。

ニチイ学館<9792> 1168 +61
通期経常利益下方修正も下振れ想定線であく抜け感。

明治HD<2269> 8360 +650
通期業績予想は想定外の上振れに。

ミネベアミツミ<6479> 1770 +61
ユーシンとの経営統合によるシナジー効果期待で。

Ubicom<3937> 1075 +48
通期営業利益予想を上方修正している。

TATERU<1435> 531 +18
地合いの改善もあって買い戻し優勢の展開が続く。

日本ユニシス<8056> 2857 +205
大和証券では目標株価を引き上げている。

ゼンショーHD<7550> 2521 +182
上半期営業増益受けて見直し買いが続く。

じもとHD<7161> 159 +9
上半期純利益予想を上方修正している。

デンカ<4061> 3705 +225
決算受けた7日の下げは行き過ぎとの見方も。

サンデンHD<6444> 997 -285
通期業績は一転して減収減益に。

ミツバ<7280> 819 -145
上半期減益着地で通期予想を下方修正。

日本特殊塗料<4619> 1919 -317
通期の営業利益予想を下方修正へ。

シスメックス<6869> 6688 -1161
予想外の業績下方修正を嫌気。

宮地エンジ<3431> 2362 -380
7-9月期は経常10%減益となり。

日本化学工業<4092> 2761 -354
7-9月期の収益失速をマイナス視。

テイカ<4027> 2070 -223
7-9月期経常利益は2ケタ減益に。

アリアケジャパン<2815> 9540 -550
順調な決算を発表もサプライズは乏しく。《FA》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース