コラム【アナリスト夜話】:愛犬の死の重さ(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)

2018年11月7日 09:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:33JST コラム【アナリスト夜話】:愛犬の死の重さ(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
この週末、私の愛犬が天に旅立ちました。19歳2か月、人間でいえば93歳の大往生でした。

「悲しみ」を英語でgriefと言いますが、語源は重力を表すgravityと同じです。今週は米国の中間選挙に触れるべきタイミングでしょうが、悲しみの「重さ」で押しつぶされそうになり、頭が回りませんでした。

ニーチェは「あなたを殺さないものは、あなたを強くさせる」と言っています。どんな困難でも、押し潰されなければ、強くなって戻ってくることができる、というこの言葉は、今の心に響きます。

そういえば、前職で、リーマンショック後に株価がひたすら下がり離職者も続出する中、あるシニア・マネジャーが、「それでも株価はゼロにはならない、いつかは必ず戻る。信じて業務に集中しよう」と言った言葉を思い出しました。実際それから、市場は大きく復活しました。

ショックによる重圧もいつか癒える。強くなって戻ってくる。世界経済の19年度見通しの引き下げが相次いでいますが、ショックが訪れた時こそ強い将来を信じたいものです。相場は人間の心そのものだという気がします。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:11/5配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)《HH》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース