ソユーズ、事故原因はセンサーの故障 12月にも有人打ち上げ再開へ

2018年11月6日 13:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、  今年10月にソユーズ宇宙船の打ち上げ失敗というトラブルがあったが、このトラブルの原因はセンサーの故障だったという(NHK朝日新聞読売新聞)。

 組み立て中にセンサー部品がゆがむ→ブースター切り離しバルブが動作せず→分離失敗したブースターが燃料タンクと衝突→タンクが減圧→緊急停止、という流れらしい。

 また、打ち上げから事故までのオンボードカメラの映像も合わせて公開されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 国際宇宙ステーション | サイエンス

 関連ストーリー:
ソユーズ宇宙船、打ち上げ失敗。宇宙飛行士は無事 2018年10月12日
ソユーズMS-08、クルー3名を乗せて国際宇宙ステーションから無事地球に帰還 2018年10月08日
NASAとロスコスモス、ソユーズロケットの穴にISS滞在中のクルーは関与していないことで意見が一致 2018年09月15日
国際宇宙ステーションの空気漏れ、ソユーズロケットの穴は内側から開けられたものだった 2018年09月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース