富士通のノートPC約1712万台で発火の恐れ、Windows Updateで更新を配信

2018年11月5日 22:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 富士通が2010年〜2016年に販売したノートPC(約1712万台)のバッテリーほぼすべてで発火の恐れがあるとし、対策のためのソフトウェアをWindows Update経由で配信すると発表した共同通信)。

 発表によると、バッテリの消耗により内圧が上昇することで発火や発熱が発生するという。配信されるアップデートを行うとファームウェアが更新され、「バッテリの消耗に合わせて充電制御を行い内圧を下げる」とのこと。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ノートPC

 関連ストーリー:
NYPD、爆発したボディーカメラと同じモデルの使用をすべて中止 2018年10月26日
米Tesla Motors、損傷したバッテリを製品に組み込んでいると告発される 2018年08月22日
過熱したリチウムイオンバッテリ1つで飛行機は落ちうる 2018年08月08日
パナソニックのバッテリ不具合対策ツール「バッテリー診断・制御プログラム」、インストール時にトラブルの可能性 2018年06月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士通Windows Updateファームウェア

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース