ライフ RSS

 

「真実の口」風の消毒装置 阪大医学部附属病院で設置

2018年11月2日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 大阪大学医学部附属病院の正面玄関に、イタリア・ローマにある歴史的彫刻であり観光名所にもなっている「真実の口」を模した手の消毒装置が設置されたそうだ(NHK)。

 多くの病院では感染症予防のため消毒液が設置され利用を呼びかけているが、実際に使う人が少なかったことからこのような「仕掛け」を考えたという。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 医療 | idle

 関連ストーリー:
電子カルテシステムを刷新した東大病院でトラブル発生 2018年02月07日
くしゃみを止めようとしたら咽頭が破裂したという症例 2018年01月18日
インフルエンザワクチンの供給が逼迫 2017年10月17日
本の殺菌やホコリ取り、消臭を行う「書籍消毒機」を導入する図書館が増加 2016年10月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大阪大学

「健康」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース