中国清華大学、軽量かつ強靭なカーボンナノチューブ由来の繊維を開発

2018年11月1日 22:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 北京の清華大学の研究チームが、カーボンナノチューブ由来の非常に強靭な繊維を開発した(nzherald.co.nzSlashdot)。開発者らによると、この繊維1立方センチメートル(1.6グラム相当)で「象160頭」に相当する800トン以上の重量を支えることができるという。

 軽量かつ強靭な繊維の利用方法としては軌道エレベータがあり、軌道エレベータでの利用には30,000km以上の長さと7ギガパスカル以上の引っ張り強度が必要となる。このカーボンナノチューブ繊維は80ギガパスカルの引っ張り強度があるが、現在実現しているカーボンナノチューブ由来の繊維は最長70cmほどとのことで、その点ではまだ課題があるようだ。

 また、軍事分野での利用も検討しているという。カーボンナノチューブを使ったフライホイールではリチウムバッテリの40倍のエネルギー密度を持つことが可能になると期待されており、高性能の蓄電システムと供給システムが求められるレールガンやレーザーキャノンなどの実現に繋がる可能性がある。とはいえ、フライホイール用途でも数キロメートルの長さのカーボンナノチューブが必要となるため、こちらも実現にはかなり時間が必要だと思われる。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
古河電工、カーボンナノチューブを使った電線の商用化を目指す 2018年01月18日
ランボルギーニとMIT、ボディをカーボンナノチューブでバッテリー化するコンセプトカーを発表 2017年11月13日
カーボンナノチューブの微小空間内に水を閉じ込めると特異な挙動を示すことが発見される 2016年12月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース