AI使用しテレビ視聴率を予測するシステム、電通が提供

2018年11月1日 22:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 電通がAIを使ったというテレビ視聴率予測システムを提供しているそうだ(マイナビニュース)。

 このシステムは「SHAREST_RT」という名前で、過去の視聴率データや番組ジャンル、出演者情報、インターネット上のコンテンツ閲覧傾向などをディープラーニングベースのシステムに学習させることで、放送1週間前にテレビ番組の視聴率を予測できるという。

 このシステムを利用して予測した結果を元にテレビ番組に投入するCMを最適化することで、広告効果を最大化することを目的としているそうだ。従来こういったCMの選定作業は人力で行なっていたが、自動化によって業務の効率化が計れるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | テレビ | 人工知能

 関連ストーリー:
ビデオリサーチがTwitterを利用した「TV番組の価値やその反応指標」を提供へ 2013年12月11日
世間と違う PS3 ユーザーのテレビ番組視聴傾向 2013年05月15日
ドラマは生視聴よりも録画。録画再生率が視聴率上回ることも 2013年02月04日
ビデオリサーチ、tweet を元にした新しい視聴率基準づくり? 2012年10月29日
仮想個人・仮想社会を用いてTVの視聴率を予測する研究 2008年06月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)電通ディープラーニング(深層学習)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース