ホンダ「N」シリーズ3車に特別仕様車を同時設定

2018年11月1日 21:52

小

中

大

印刷

N-BOXカッパーブラウンスタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)

N-BOXカッパーブラウンスタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • N-BOXカッパーブラウンスタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • N-BOXカッパーブラウンスタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • N-ONEホワイトクラッシースタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • N-ONEホワイトクラッシースタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • N-ONEホワイトクラッシースタイル(画像: 本田技研工業の発表資料より)

■一気に3車種に設定される特別仕様車

 ホンダは、軽乗用車の「N」シリーズ3車にそれぞれ特別仕様車を設定し、11月2日から発売する。ホンダは年末商戦に向けて、大好評の「N-BOX」だけでなく、これらの特別仕様車でライバルを振り切る作戦だ。

【こちらも】「NSX」の改良モデルの予約受付開始!発売は2019年5月から

 特別仕様車は、「N-BOX」には「カッパーブラウンスタイル」、「N-ONE」には「ホワイトクラッシースタイル」、そして「N-BOX SLASH」には「ノヴァカントリースタイル」となっており、それぞれの車種をより一層引き立てる内容となっている。それでは、どんな仕様なのかをチェックしてみよう。

■N-BOXカッパーブラウンスタイル

 「N-BOX」の特別仕様車「COPPER BROWN STYLE(カッパーブラウンスタイル)」は、「G・L」、「G・EX」、「G・L ターボ」、「G・EX ターボ」に設定され、上質で品格のある輝きを放つトレンドカラーの「カッパー」を内外装に取り入れ、エレガントなスタイルに仕上げられている。

 エクステリアは、ルーフ、ドアミラーにカッパーを配色した2トーンカラーを採用。インテリアは、ブラウン×ブラックのシックな色調をベースに、カッパーの輝きをアクセントとした上質な空間とするなど、徹底的にカッパー押しの内容となる。2018年度上半期新車販売台数第1位を獲得するなど、販売のテコ入れ等必要なさそうな「N-BOX」ではあるが、この特別仕様車はさらに魅力があり人気となりそうだ。

 全国メーカー希望小売価格:168万9,120円~

■N-ONEホワイトクラッシースタイル

 クラシカルで愛らしいデザインの個性派トールワゴンの「N-ONE」に設定される「WHITE CLASSY STYLE(ホワイトクラッシースタイル)」は、シンプルさの中に上品さと可愛らしさを表現する「ピーチブロッサム・パール」、「プレミアムアイボリー・パールII」、「サーフブルー」という「N-ONE」をより特別な存在にする3色を設定。

  また、シティーブレーキアクティブシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムを含む「あんしんパッケージ」を標準装備としている。販売が低調な「N-ONE」だが、この特別仕様車で息を吹き返すか。

 全国メーカー希望小売価格:142万200円~

■N-BOX SLASHノヴァカントリースタイル

 独特の世界観を持つ「N-BOX SLASH」に今回設定される「NOVA COUNTRY STYLE(ノヴァカントリースタイル)」は、「N-BOX SLASH」の個性・ファッション性の高さを際立たせる「プラチナホワイト・パール」、「アッシュグリーン・メタリック」、「サーフブルー」の3色それぞれに、ルーフとドアミラーをブラウンとした2トーンカラーを設定。また、「運転席&助手席シートヒーター」、「ステアリングヒーター」などこれからの季節を快適に過ごせる機能を標準装備としている。

 全国メーカー希望小売価格:158万9,760円~(記事:田中秀雄・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業特別仕様車N-BOX軽乗用車N-ONE

広告

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース