トヨタ、アルファードとヴェルファイアに衝突軽減装置を標準装備

2018年10月30日 09:21

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

駐車場などでのアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突被害を軽減するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を全グレードに標準装備した。写真はアルファード・ハイブリッドG“Fパッケージ”、価格555万1200円

駐車場などでのアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突被害を軽減するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を全グレードに標準装備した。写真はアルファード・ハイブリッドG“Fパッケージ”、価格555万1200円[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは、同社のマルチシートの最上級ミニバンであるアルファードならびにヴェルファイアを一部改良し、アルファードは全国のトヨペット店、ヴェルファイアは全国のネッツ店を通して発売した。

【こちらも】トヨタ「シエンタ」がマイナーチェンジ 2列シート車を追加

 同ミニバンはデビュー以降、クラウンやレクサスLSなどのように、役所や企業の公用車や社有車としても採用されている。また、香港やタイ、台湾、中国、マレーシアなど東南アジア諸国にも輸出されている売れ筋ミニバンでもある。

 搭載するパワーユニットはハイブリッドのほか、3.5リッターV6エンジン、2.5リッター直4エンジンをラインアップする。

 2015年にデビューした3代目となる現行型は、リアサスペンションにダブルウイッシュボーン式を採用、高張力鋼板の採用増などでボディ剛性を高め、操縦安定性をアップさせた。

 今回の一部改良では、駐車場などでのアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を全グレードに標準装備した。

 さらに、安全装備の充実を求める顧客ニーズに応えるため、ナビゲーションとのセットオプションとしていたブラインドスポットモニター(BSM)を、デジタルインナーミラーとの組み合わせとした。あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車福祉車両)においても、ベース車と同様の改良を実施した。

 グレード構成は非常に複雑であり、価格も多岐にわたる。グレードによって倍以上となる価格を列記すると、福祉車両を除く2.5リッターモデルが337万6080円?438万3720円。同3.5リッターV6モデルが496万9080円から717万7680円。同ハイブリッド車が438万4800円?750万2760円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
世界自動車需要は早期に縮む、発端は中国の新車販売減。背景にトランプ保護主義
経産省 消費増税対策でクマの燃費性能にかかる課税を初年度ゼロか?
トヨタ&イハツ、いちばん小さな登録車を安全装備を充実させ、マイナーチェンジ
2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する
ホンダ、今冬発売のミッドサイズハイブリッド車「インサイト」、HPで先行公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ハイブリッド車ミニバン

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース