独ポルシェ、EV「ミッションEクロスツーリスモ」を市販化決定

2018年10月29日 07:53

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ポルシェ・タイカンの派生モデル、フル電動スポーツカーとなるミッションEクロスツーリスモの市販化決定

ポルシェ・タイカンの派生モデル、フル電動スポーツカーとなるミッションEクロスツーリスモの市販化決定[写真拡大]

写真の拡大

 ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を構えるポルシェAGの取締役会は、10月18日の会議において、ツッフェンハウゼンで精算予定の2台目のフル電動スポーツカーとなる「ミッションEクロスツーリスモ」の市販化にゴーサインを出した。

【こちらも】ポルシェ、2018年1-9月の世界販売は前年比6%増 2台のSUVが貢献

 ポルシェは、2018年のジュネーブモーターショーで発表されたこの車両の生産のために、ツッフェンハウゼンの本社工場に300人の新たな雇用を計画しているという。

 今年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトモデル、ミッションEクロスツーリスモはショーの目玉としてモーターショーの来場者やメディアから好評を博したフル4シーターのEVモデルだ。4ドアのクロスツーリスモは800Vのシステムを搭載し、急速充電ネットワークへの接続が用意される。システム出力は600psを誇り、航続距離は500 km(NEDC)に達する。

 この車両は、ポルシェによるとタイカンの派生モデルだという。初のフル電動スポーツカーであるタイカンは、2019年にヨーロッパで発売される。タイカンの導入はツッフェンハウゼンで1200人の新たな雇用を創出。持続可能な生産を重要視し、カーボンニュートラルを実現している。ポルシェは、同時に2022年までにエレクトロモビリティのために60億ユーロ以上を投資する予定であることも表明している。

 ポルシェ ジャパンでは2020年の早い時期にタイカンの日本導入を予定しているとした。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ポルシェ、2018年1-9月の世界販売、前年比106%達成、2台のSUVが貢献
ポルシェのSUV「マン」、マイナーチェンジしてパリモーターショーで公開
EV-電気自動車、日欧米各社が繰りひろげる、ヒステリックにも見える覇権争い
アウディ、サンフランシスコでブランド初の電気自動車SUV「Audi e-tron」発表
ポルシェのル・マン24優勝車、ニュルのコースレコードを35年ぶりに更新

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSUV電気自動車ポルシェ

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース