九電・イーレックス・日産の3社、EV活用による最大需要電力削減プロジェクト

2018年10月29日 12:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

3社が協働で行なう、法人顧客向けにEVから法人顧客の施設に放電し、デマンドを削減するV2Bパイロットプロジェクトのイメージ

3社が協働で行なう、法人顧客向けにEVから法人顧客の施設に放電し、デマンドを削減するV2Bパイロットプロジェクトのイメージ[写真拡大]

写真の拡大

 九州電力、イーレックス、日産自動車の3社は、電気自動車(EV)の日産リーフを活用し、法人顧客向けにEVの車載バッテリーからビルに放電することで最大需要電力(デマンド)を削減するV2B(Vehicle to Building)パイロットプロジェクトを、来年1月から共同で開始すると発表した。

 このプロジェクトでは、法人顧客に日産リーフと充放電器を導入し、車載バッテリーの電気を活用することで、法人ユーザーのデマンドの削減効果を検証することが当面の目的だ。同時に、EVを非常用電源としての活用も含めたユーザーの受容性について確認を行なう。

 協働に取り組む3は、プロジェクトを通じて、EVを活用した新たなサービスの創出に向けた知見の獲得を目指すとともに、今後の事業化についても検討していく。

 なお各社の役割を記すと、九電は使用電力データ分析によるデマンド削減効果、将来の事業化を見据えた事業性評価を基本に据える。イーレックスは、ユーザーの車両使用用途に応じたサービスの適合性、受容性や満足度を確認しながら、ガソリン車とEVの車両関連コストを比較する。日産はV2Bによって日産リーフがどのように使われたのかを検証するとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ポルェ本社、EV「ミッションEクロスツーリスモ」を市販化決定
注目をめる次世代パワー半導体。高耐圧製品の登場で市場拡大に大きな期待
サステナブルな社会へ。「住生活月間」に考えたい、日本の住生活を支えているもの
日産ほか4社、EVを活用したバーチャルパワープラント構築に向け実証実験
トヨタ、国内販売網を見直す。系列店の垣根を超えて、全店で全車種を販売する

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車日産自動車九州電力日産リーフ

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース