NEC、5G携帯電話基地局の開発・販売でSamsungと業務提携へ

2018年10月25日 08:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NECがSamsungと5G向け基地局の開発・販売で業務提携すると報じられている(読売新聞SankeiBiz日経新聞)。

 Samsungはすでに高い周波数帯に対応するG5基地局を製品化しており、NECは低周波帯の開発を行う想定のようだ。NECはNTTドコモ向けに基地局を提供しているものの、最近ではSamsungやHuawei、ZTEといった海外メーカーがシェアを増やしているという(ケータイWatch)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
NEC(研究所)社内の様子を報告する怪文書が話題に 2018年09月13日
NECとダイキン工業、空調や照明で作業者を覚醒させるシステムを開発へ 2018年07月26日
NEC、新事業開発を加速する「NEC X」をシリコンバレーに設立 2018年06月24日
NECの「ハードウェアの技術者をソフトウェアからの配置転換で乗り切ろうとした」話が話題に 2018年05月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTドコモSamsungNECZTEファーウェイ(Huawei)

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース