広島電鉄で休日中心に運行の「レトロ電車」、ICカード使えず定期運行終了へ

2018年10月24日 22:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 広島電鉄が1912年の車両を再現した「大正電車」や、ドイツ・ハノーバー市から1989年に寄贈された「ハノーバー電車」の定期運行を今秋から取りやめるという。ICカードによる利用に対応せず、利用者から不便との声が出ていたのが理由(読売新聞)。

 これら車両は出入り口の幅が狭いため、ICカード端末を設置できなかったという。大正電車は4〜6月と10月の週末など、ハノーバー電車は11〜3月の日曜・祝日に定期運行が行われていた。今後はイベント等を中心に展示・走行させるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | 交通

 関連ストーリー:
経産省、地方交通機関向けにQRコードを使った共通決済システムを検討 2018年10月23日
政府、消費税増税に向けてクレジットカード会社に手数料引き下げを求める 2018年10月20日
郵便局の窓口で、クレジットカードや電子マネーなどが利用可能に 2018年09月12日
銀行がデジタル決済を推進する理由の1つは「金の流れを把握したい」から 2018年07月28日
北海道の一部バス路線でWAONによる運賃支払いの実証実験がスタート 2018年05月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツ

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース