レクサス、フラグシップセダン「ES」を日本初販売

2018年10月24日 20:59

小

中

大

印刷

レクサス・ES300h“version L”。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

レクサス・ES300h“version L”。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • レクサス・ES300h“version L”。
  • レクサス・ES300h“version L”。
  • デジタルアウターミラー
  • デジタルアウターミラー(アウターカメラ)
  • デジタルアウターミラーディスプレイ(運転席側)
  • デジタルアウターミラーディスプレイ
  • ES300h“version L”インテリア
  • ES300h“version L”インテリア

 レクサスの基幹車種、フラグシップモデルに位置付けられるセダンでありながらこれまで日本国内では発売されてこなかった「ES」が、1989年の初発売以来29年目、第7代のモデルにして初めて日本国内で発売された。10月24日から、全国のレクサス店を通じて販売されている。

【こちらも】トヨタ、量産車で世界初の「デジタルアウターミラー」搭載車を発表

 大きな特徴の一つが、量産車としては世界初の採用となる「デジタルアウターミラー」。簡単に説明すれば、バックミラーがデジタル化されているのである。車両のフロントドア外側には鏡の代わりにカメラがあり、それで撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置された5インチディスプレイに表示する。カメラは雨に影響されにくい形になっており、またディスプレイも室内にあるので、天候に影響されることの少ない優れた後方確認手段となる。また同時に、ミラーが視界を遮ることがないので、斜め前方の見通しもよくなっている。

 エクステリアは重心を低くし、ワイド&ローのプロポーションで「走り」を予感させるスタイルとなっている。ボディ形状はクラストップレベルの空力性能を目指し、室内空間は広く快適で、使用されている素材の質感も高く、細部の造形まで機能美と上質さにこだわっている。

 ボディカラーはアイスエクリュマイカメタリック、サンライトグリーンマイカメタリックなどの新規開発色を含め、多彩なバリエーションが用意されている。

 インテリアはレクサス独自のコンセプトに基づき、ドライビングの高揚感とくつろぎ・ゆとりを両立させたデザインとなっている。前席シートバックはステアリング操作がしやすいショルダー形状となっており、またレイアウトは姿勢や視点移動をあまりしなくてディスプレイやスイッチ類を操作できるデザインとなっている。

 価格は「ES300h」が580万円(消費税込、以下同)、「ES300h“F SPORT”」が629万円、「ES300h“version L”」が698万円。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードレクサス(LEXUS)

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース