日経平均テクニカル:急反落。200日線を下放れ、一目均衡表は三役逆転

2018年10月23日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:急反落。200日線を下放れ、一目均衡表は三役逆転
23日の日経平均は急反落。ローソク足は上下ともにヒゲが極端に短く、「陰の丸坊主」に似た弱気形状となった。9月7日ザラ場に付けた直近安値22172.90円を下回ると下げが加速。日足のボリンジャーバンドでは、-2σを割り込む場面もみられた。終値はこれまで下値支持線だった200日線を下放れたほか、5日、25日、200日の各線が下降し、下落トレンドが鮮明になった。一目均衡表では、日々線が雲下限を踏み抜いた。転換線と基準線がそろって下降したほか、遅行線は株価の下方に移動して弱気シグナルを発生。これで三役逆転が完成し、強力な下落トレンド入りを示した。《FA》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース