マザーズ先物概況:4日続落、国内外の株安を背景に売り波及

2018年10月23日 16:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:30JST マザーズ先物概況:4日続落、国内外の株安を背景に売り波及
23日のマザーズ先物は4日大幅続落となった。前日比17.0pt安の948.0ptで取引を終えた。高値は971.0pt、安値は947.0pt、売買高は2023枚。前日のNYダウや本日の中国株をはじめとするアジア株の下落を映して、日経平均も600円超下落するなど、相場全体の地合い悪化が嫌気される格好となった。マザーズ市場では、時価総額上位銘柄や直近IPO銘柄などの下げ幅が目立ったことから、個人投資家による資金の逃げ足が速まる展開となった。個別では、プロレドパートナーズ<7034>が15%安となったほか、ギフト<9279>やエクスモーション<4394>など直近IPO銘柄の下げが目立った。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース