【株式市場】日経平均は今年2番目の下げ幅、イタリアの予算案を巡るユーロ安など重なる

2018年10月23日 15:49

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は2万2010円78銭(604円04銭安)、TOPIXは1650.72ポイント(44.59ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億528万株

 10月23日後場の東京株式市場は、円相場が対ドル、対ユーロとも円高傾向になり、中距離核戦力条約を巡る米ロの摩擦や、イタリアの予算案を巡る同国政府と欧州委員会の摩擦などが影響した模様で、円高と株価指数の先物安が再び強まった。トヨタ自動車<7203>(東1)などのほか花王<4452>(東1)などのディフェンシブ銘柄も総じて安く、日経平均は大引け間際に621円75銭安(2万1993円07銭)まで下押した。

 終値での下げ幅600円台は、今年の下げ幅としては2月6日の1071円安に次いで2番目の大きさとなった。

 後場は、LIFULL(ライフル)<2120>(東1)が配当性向の引き上げや今期の2ケタ増益見通しなどを好感してほとんどストップ高に張り付いて売買され、日本車輌製造<7102>(東1)も高い。アスカネット<2438>(東マ)も「空中結像」用の樹脂製プレートの性能大幅向上との発表が注目されて活況高。アクサスホールディングス<3536>(JQS)は8月決算と今期の業績見通しなどが材料視されてストップ高。

 23日上場となったリーガル不動産<3497>(東マ)は買い気配で始まり、10時24分に公開価格1380円を42.9%上回る1972円で初値をつけた。高値は前場の1988円、後場は売買交錯となり、大引けは1910円となった。

 東証1部の出来高概算は14億528万株(前引けは6億2742万株)。売買代金は2兆5724億円(同1兆1005億円)。1部上場2108銘柄のうち、値上がり銘柄数は79(同111)銘柄、値下がり銘柄数は96%に当たる2015(同1951)銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値下がり(前引けも全33業種が値下がり)し、値下がり率の小さい業種をみると、石油・石炭、輸送用機器、水産・農林、その他製品、非鉄金属、不動産、サービス、繊維製品、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース