毛包に匂いを嗅がせることで脱毛を予防できるという研究

2018年10月23日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 毛包(毛穴)に特定の匂いを嗅がせることで脱毛を予防できるという研究結果が出たそうだ(GIGAZINEIndependentScienceAlert)。

 鼻が匂いを感知するのと同様の仕組みが毛包にも備わっており、この仕組みを使って毛包を刺激できるという話だそうだ。研究によると毛包には「OR2AT4」という受容器官があり、香水などに使われる合成ビャクタンの香りなどによってこれを刺激すると毛髪の生育が促進されるという。

 実験でもこの効用は確認されているとのこと(Nature誌掲載論文)。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
頭皮細胞を培養して毛包を作製し移植するという手法、非臨床試験へ 2018年06月06日
マウスの毛包を大量に培養することに成功 2016年02月25日
毛はただの物理的バリアではなく、皮膚の免疫機能も兼ねていた 2012年06月28日
毛髪の再生に脂肪細胞が深く関わる。イェール大学研究チームが解明 2011年09月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース