阿部サダヲ、吉岡里帆、三木聡監督が大阪で舞台挨拶

2018年10月22日 22:30

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

阿部サダヲ主演、吉岡里帆がヒロインを演じる映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の舞台挨拶が10月21日にTOHOシネマズなんばで行われ、阿部と吉岡と三木聡監督が登壇した。写真:左から三木聡監督、阿部サダヲ、吉岡里帆

阿部サダヲ主演、吉岡里帆がヒロインを演じる映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の舞台挨拶が10月21日にTOHOシネマズなんばで行われ、阿部と吉岡と三木聡監督が登壇した。写真:左から三木聡監督、阿部サダヲ、吉岡里帆[写真拡大]

写真の拡大

 阿部サダヲ主演、吉岡里帆がヒロインを演じる映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の舞台挨拶が10月21日にTOHOシネマズなんばで行われ、阿部と吉岡と三木聡監督が登壇した。

 ・『音量を上げろタコ!』大阪舞台挨拶、その他の写真

 阿部は「阿部サダヲです。よろしくお願いいたします」と挨拶。司会に「かなりあっさりしていますね!」と突っ込まれると、「この後、いっぱい話したいので」とコメント。続いて吉岡が「おはようございます。吉岡里帆です。よろしくお願いします」と役さながらの小声で挨拶すると、会場からは笑いが。

 また、『時効警察』シリーズや『俺俺』といった映画などで知られる三木組に初参加した感想を聞かれた阿部は「稽古やリハーサルを念入りにして作り込まれている。三木監督の世界ってこんな感じでできていくんだなと思いました」と回答。吉岡は「今回、ギターと歌を撮影前から練習していて、音楽を準備するのは新鮮だったし、楽しかったです」と撮影を振り返った。

 一方、三木監督は、本作を作るきっかけについて「昔、バンドをしていて、その時にロックバンドを題材とした映画を作りたいと思った」と話すと、「ロックを歌っている人が声が大きいのは、思いの強さだと知り、面白いと思った」と続けた。

 この日は観客からの質問コーナーも。客席から吉岡に、サウンドトラックのCDに収録されているセリフを言ってほしいというリクエストが寄せられると、吉岡は質問者の名前を叫びながら「勘違いは大事よ! 大抵のことは勘違いでできている。このまま終わりじゃ、もったいない!」と全力でリクエストに対応。

 阿部には「パートを頑張れと罵ってほしい」とのリクエストが寄せられ、戸惑いながらも阿部は、全力で「パート頑張れタコ!」と罵り、会場は大きな笑いに包まれていた。

【関連記事】

 阿部サダヲ、中学生の時「30歳くらいになったら売れるよ」と同級生の母親に言われていた!?
【映画を聴く】『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』前編
【映画を聴く】『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』後編
[動画]吉岡里帆のヘン顔連発!/映画『音量を上げろタコ!』予告編

関連キーワード吉岡里帆阿部サダヲ

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース