MeltdownやSpectre脆弱性を性能低下無しに回避する手法が考案

2018年10月22日 22:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年1月に発見されたCPUの脆弱性「Meltdown」や「Spectre」では、対策を行うとCPUの演算性能が低下することが知られている(過去記事)。これに対し、米マサチューセッツ工科大学が演算性能の低下無しに脆弱性対策を行う手法を開発したという(PC WatchTechCrunch)。

 この手法はプログラムが別のプログラムによって使用されているキャッシュにアクセスすることを防ぐためにキャッシュメモリの割り当てを制御するもので、OS側の最小限の修正で実現でき、実装が容易で性能の低下もないという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Intel

 関連ストーリー:
デスクトップ版Chrome 67、Spectreなどの対策としてSite Isolationが有効に 2018年07月15日
Spectre/Meltdown脆弱性の新バリアント2件が公表される 2018年05月25日
「Spectre」に似たCPUの脆弱性8つが新たに発見される 2018年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性Spectre

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース